2017-01-15-20.30.26_thumb.jpg

トラになるのを止めた日

トライアスロンの「トラ」でもないし。寅年の「トラ」でもない。酔っ払いを称するあの虎だ。

今でこそ私も外では、飲まない若しくは、酔わないで帰ってくるようになったが、そんなに遠くない昔、時々虎になっていた。

酔って電車に乗り爆睡してしまい、山手線を周回しているうちに終電がなくなり、タクシーなってしまったこともあるし。

飲み出すと楽しくなってしまって、はしごしちゃったりその記憶すらなかったり。

ついつい気が大きくなるから、素面だったらあり得ない言動や行動をしてしまう。

お酒をそこそこ飲む人なら、この手の失敗は一度や二度は経験あると思う。

今や私はお酒をほとんど飲まない人という認識をされていると思うけど、その昔飲めばだいたいひどい酔っ払いだった。

そんな私が飲まなくなった理由は、表向きには、

「飲むと疲れて翌日の仕事のパフォーマンスが下がるから」

「飲む時間もないくらい仕事や勉強で忙しいから」

というような感じなのだけど、そんな理由は昔からあったわけで、酔っ払いを止めようと心から思った出来事がちょうど重なったからだ。

決め手となったのは、とあるお酒が飲めるお店で、五十前後の女性の大虎を見た日を境にキッパリと止めた。

女性3人のグループが、カウンターに座って飲んでいたが、明らかに酔っ払っている風で、大きな声で話ていた。

格好はキャリアウーマンチックで、ブランドバッグを持ちアクセラリーもセンスが良かった。

しかし明らかに店にも他の御客さんにも迷惑をかけている。よくよくみると、3人が酔っ払いなのではなく、1人の女性が酔っ払ってひどく攻撃的になっているようだった。

その酔い方を見られたことで、自分の将来と重なり恐ろしくなって、キッパリ止められた(お酒はほどほどになった)

大虎は男女ともに格好が悪い。それでも若いときはなんとなく許される。心配をしてくれる人たちも居るだろうし。

私も四十代なので言えるけど、妙齢とは言えない年齢で虎になっちゃうとめちゃくちゃかっこ悪い(M沢さん程度は害のない笑える酔っ払いなのでOK)

 

ちなみに先日お酒の席でも一滴も飲まない男性に質問してみた。

「そこまで徹底して、飲まないと男女の間違い起きづらいよね?」

と、すると予想通りの答えが帰って来た。

「相手も酔っ払いになりにくいので、間違いは起きづらい」らしい。

でも元々下戸の人は、酔って饒舌になったり気持が大きくなるのを知らないから、自分が酔った酔わないというのは体勢に影響ないだろう。

たぶんいつでも冷静に女性の反応を見ながら口説いているはずだ。

2017-01-15 20.30.26

2017-01-12-12.52.47.jpg

時間とお金の使い方は同じ

気がつけば、次に予定の入れていない週末は、2月末に1日だけしかなくて、現在在学中の造形大の課題がまだ二つ残っているから、早めにやって郵送しておかないと、うっかり留年してしまいそうだ。

そんななかで次にチャレンジしたいことが出てきてしまって、早くも思いはそちらに向いてしまっている。

しかしせっかくなのだから、芸術熱が冷めないうちに真剣に取り組まないととちょっと反省。

今日参加したセミナーも、なんだかボンヤリ取り組んでしまって、時間を無駄にした感が残ってしまった。

 

自分が時間を投資をしていると思っていることが、取り組み方によっては、浪費になってしまう。

時間の使い方はたぶんお金の使い方と同じで、投資と留保、投資の三つ。

  1. 投資=何かに投資して増やそうと試みる
  2. 留保=なにもしない
  3. 浪費=無駄なことに費やす

時間の投資で確実にリターンがあるのは、おそらく学びだと思う。

勉学や読書に時間を投資して失敗した人はいるんだろうか?たぶん多くの人はそれなりの投資効果はあった思う。

なにもしない時間をあえて作るのは、時が来るのを待ったり体を休めたりするのに時には必要だし。

でも浪費に関しては、可能な限り避けたいところ。時間の浪費基準は人によって違いはあると思うが、目標をもって取り組まないことは、浪費になる可能性が高い。

無計画でやってみて、結果うまく行っちゃった的なラッキーパタンはあるかもしれないけど。

ちなみに目標や計画に対しての考え方で、今日は良いヒントを教えて貰った。

なにかやらなくちゃいけないときに、終了日を決めるのではなく、始める日を決めること。

私も時々、自分の事だと優先順位が低くなってしまって、何月何日までに終わらせると目標を立てるものの、やる気が起きなくて、毎日「早くやらなくちゃ」と気になってしまうときがある。

これからはやる気にならない物事は先ず始める日を決めよう。

 

2017-01-12 12.52.47

2017-01-14 17.20.09

特殊な逆境と特殊な技能

今日は久しぶりに友人バッシーに会った。

会った場所は、半年間のお勉強プログラムで、参加人数もそんなに多くないのに来てみたら、なんと知り合いが7名もいたという驚きのセミナーだ。

 

2017-01-14 17.20.09

 

今日話していて彼らについて感じた共通点は、あえて逆境を作り出している人たちだと思う。

逆境の形に違いはあるが、それを作り出す環境に飛び込んだり、一筋縄ではいかない何かを側に置いたりしている。

 

悲しいかな人間は順境にいるときは、怠慢になりがちだ。

逆境があって始めて、学んだり知恵を絞ったり乗り越えようと努力をする。逆境があるときが自己成長したり変化もできたりする。

 

だから逆境が問題なのではなく、逆境に対する考え方が問題なわけで、すべて、ものの見方や捉え方で幸せにも不幸にもする。

一つの物の見方しか出来ない場合、人は簡単に不幸になる。

物の見方は、自分の生い立ちに左右される場合があり、長い間自分になにを植え付けてきたかによって、セルフイメージが高い人もいれば低い人もいる。

低いセルフイメージだとしても、どこかの時点で肯定的に捉えられる人は、成長もできるし自分自身に変化も起こせる。

 

で、思ったのが、みんなポジティブ過ぎて、色んな見方が出来すぎて、けっこう複雑な逆境を抱えているかもw

ただしなにかで一流と言われる人たちは、特殊な逆境を乗り越えた中で、凡人には成し得ない特殊な技能を身につけたり道を切り拓いたりするので、ますますオモシロい人たちになるのかもしれない。

 

大事なところで寝ていても。

2017-01-14 06.04.37

 

何度も寝ていても。

2017-01-14 14.47.48

 

tore1

モートン病根治に向けて

今日からモートン病を治すために、加圧トレーニングをすることになった。

モートン病については、以前ブログに書いたので良かったら読んでください。

私モートン病になりました

 

扁平足でモートン病になったと言ったら、トレラン部で大学院の後輩の大阪のオバチャン気質なこの人が、自分が行っていて信頼できるからと、

tore1

加圧トレーニングのエヌズネクサス横浜

という、加圧トレーニングやスポーツ整体、鍼灸、リハビリなどを行っているトレーナーを紹介してくれた。

早速、先ずは整体を受けに行って、診て貰ったのだが、両足とも人差し指、中指、小指がまったく使えていないということに気がつかされた。

足の指もぜんぜん動かなかったし。グーパーぜんぜんできないし。

そして見事な扁平足だと言われた。ちなみに扁平足って全く足の裏が凹んでいない状態を扁平足というと思っていたのだけど、私はちゃんと凹んでいる。

だから扁平足じゃない人の足はもっと凹みがあるってことなのかも?

 

診て貰った結果、足底筋を強化すれば足の痛みなどの症状は改善されるはずで、頑張れば最短1ヶ月と言ってもらった。

一ヶ月後にはトレランの大会があるので、そのときまでには痛みをなんとか減らしたい。

そんな訳で今日から早速加圧トレーニングを取り入れた足底筋やバランスの崩れた筋肉を整えることになった。

加圧トレーニングは以前もやっていたので、楽勝だと思っていたら、ぜんぜん違うものだった。

本当の加圧トレーニングってこんなにキツかったんだとビックリ。

お陰で今日は足がめっちゃ怠い。もうトレーニング中ぷるぷるしちゃったし。

でもなんとたった一日で、全く動かなかった足の指が右側はきちんと動くようになっていた。

足の指の薬指を除き、血色まで改善されたし、もしかしたら末端冷え性まで治るような気がしてきた。

普段から足の指はまったく使っていなかったことも判明。

そもそもトレーナーに言われたのが、それだけ運動していて寒がりで末端冷え性と言っている自体がきちんと筋肉を使えていない(作られていない?)

自分の使いやすい筋肉しか使っていないと。これがまったく自覚がなかったのだけど、本来ここを使わなくちゃいけないという場所を色々教えて貰った。

たぶん私はプリ尻になります。

伸びしろがたくさんあるそうで、体を正しく使えるようになればフルマラソンも楽に走れるようになるらしい(フルマラソンは足が痛くてダメだった)

ちなみにモートン病を自覚したのは、3年前のトレランを始めたころぐらいから、時々痛んでいた。痛みも軽かったし消滅するので気にしていなかったけれど。

キツい運動をしていたから出現が早かったのかもしれないけれど、どのみち末端冷え性が改善されたらめちゃくちゃ嬉しい。

 

でもすごく気になったことが一つ

2017-01-13 15.47.34

有名人のプロテイン摂取量だ。

一ヶ月に3キロ以上とか、プロテインがご飯だとかちょっとビックリ。

世の中変わって、もう食事じゃなくて、こういったものしか口にしないなんて人たちが増えそうだ。30年経ったら、食事をしている人たちはほとんどいなかったりして。

2017-01-12-17.46.07_thumb.jpg

不幸な恋とアンカリング

人は気づかないうちに色々な事をアンカリングしている。

アンカリングとは特定の感情や反応から引き出されるプロセスのこと。

 

例えば過去に年下の異性と付き合って、こっぴどくフラれてツライ思いをした。

しばらくして、新たな出会いから恋をしたけど、その相手が年下だったから、また同じように、うまくいかないかもしれないと辛かったことを思い出す。こんな感じがアンカリング。

 

先日、友人のおかしなアンカリングの話を聞いた。

友人曰く、今のパートナーとの恋愛が幸せすぎて仕事に身が入らなくて自分が嫌になってきて、その関係も嫌になってきたという。

幸せ過ぎて→いまのパートナーも嫌になる。意味不明だ。

 

その友人は一般的な基準では不幸な恋愛をしていることが多い。気持も振り回されるだろうから、普通の人であれば続かないと思う。

しかし、どういうわけか上手に気持をコントロールをしている。

よくよく話を聞くと、ご本人も一般的にいう不幸な恋愛は好きなんだそうだ。

なぜかと言うと、恋のモヤモヤはやがて、頭の中から消したいと何かに打ち込み、その結果何らかの成果を手に入れる。

これを何度か繰り返していくうちにさらに強化されていくので、不幸な恋愛は言わば、フロー状態や仕事への納得感、満足感などとアンカリングされているのではないかという分析だった。

時々Happyな恋愛もしているときがあるけれど、そのときはたいていボケていてなにもする気にならないそうだ。

通常はプライベートがうまく行っていて、仕事にもやる気が高まるという人のほうが多いと思う。

女性は特に気になることがあると集中できなかったりするし。

 

そんな人いるんだなぁと言う感じだが、基本的な性格傾向がポジティブな方なので、その人なりに苦しんだ結果なのかもしれない。

だから一般的には不幸と言われる恋愛でも、本人は結果として感謝するのが多いらしい。

恋愛でツライ思いをしてる→仕事に打ち込める

アンカリングだけでなく、条件反射(パブロフの犬)化するようになっていた場合、不幸な恋愛が結果的にポジティブ状況を作りだしていたなんて、ちょっと笑えるけれど、実は私もけっこうそれは理解できる。

私も幸せボケするほうなので、めっちゃ共感。

不幸な恋愛もポジティブにできたのだから「幸せな恋愛→幸せボケ→成果が出ない」というのを不幸な恋愛と同じように「幸せな恋愛→やる気が出る」ってアンカリングをしなおした方が良いのでは?と自戒を込めて言ってみた。

2017-01-12 17.46.07

rensai_kanojyo_key

彼女のいる彼氏

なんとなく漫画が読みたくなって、週末にKindleで、『彼女のいる彼氏』というのを買ってみた。

漫画を購入したのは、トライアスロン用にバイクを購入したときに、モチベーションを高めるため『泣き虫ペダル』を購入したときが最後だから、もう2年ぶりぐらいかも。

久しぶりに漫画を読んで思ったのは、やっぱり女性が書いた漫画はオモシロい。

2巻までしかまだできていないみたいだが、一気に読んでしまった。主人公も二十代なのだけど、アラフォー、アラフィフが読んでも十分感情移入できると思う。

ROLAというアプリをDLすれば無料で読めるみたいだけど、私は買ってしまった。

ざっくりあらすじを書くと、大手IT企業に勤める入社四年目のWEBデザイナー女子が主人公。

仕事に一生懸命で彼氏も居ない。しかし主人公を気に入っているイケメンの同僚二人と親密になっていくのだけど、その二人のイケメンにはすでに彼女が居た。

一人のイケメンはPRプランナーで女の子扱いが上手。

もう一人は主人公と同じWEBデザイナーだが二年後輩で仕事できる系、女の子扱いはクールなタイプ。

最初は主人公をPRプランナーがくっつくのかと思いきや、クールなWEBデザイナー後輩君とデキてしまう。

ところがこのクールなWEBデザイナーには既に彼女がいた(ただし彼女のことは好きではない)

ストーリーが進んで行く中で、クールなWEBデザイナーとその彼女とのSNSのやり取りの画面が出てくるのだけど、

これがけっこう痛い。どう痛いかというと、「あぁ私もやっちゃってたよなぁ」って。

彼から返事が来る前に、何度もメッセージを送ってしまったり、それが超長文だったり。

チャット系アプリが出てくる前って、メールだったから、チャット系アプリが出てきても、最初のころは同じように使ってしまっていたし。

LINEができたのは2011年なのでまだ6年ぐらいしか経ってないし。

好きな人との連絡のやりとりも今でこそ、来たら返事をするのができるようになったけれど、かつては私も相手によっては、それができなかった。

連絡をしないと終わってしまう気がしていたからだと思う。

いまならば、連絡してもしなくても結果は同じだとわかるけど。

ちなみに『彼女のいる彼氏』は二十代のなかでかなり人気だそうで、男性も読んでいるとか?実際にけっこうオモシロいので是非読んでみてください。早く3巻出ないかなぁ。

rensai_kanojyo_key

2016-10-13 16.23.18

パートナーがいても恋は自由?

SNSのなかで、既婚男性が自分の家族を公開している場合、

「この人って、浮気とかしないのだろうなぁ」という印象を持つ。

一方、適度に投稿はしているのに、妻子や家庭の話は一切公開してない場合、浮気してそうと思う。

あと、独身時の自分のパートナーをSNSで公開している人たちは、勇気あるなぁと思う。

結婚前提だったりするから公開できるのだろうか?

私の知人のなかでも自分のパートナーとのデートや旅行のHappy写真をアップしていたが、後にも先にも公開していたのはその人だけだったので、やっぱりその人とは結婚を考えていたのかな?なんて思ったりした。

 

私は独身だからこんなことを言えてしまうのかもしれないが、いくつになっても結婚していても、恋をしていたほうが良いと思う。

もちろん物理的な浮気をしろというつもりはなくて、あくまで恋という意味での話だ。

誤解を恐れないで言うなら、法的に結婚という括りがあっても、心の状態はお互い自由だ。

家族に対しては愛情を持ちながら、恋ができるなら別に問題もなくて、むしろプラスのことのほうが多いような気がする。

この辺は、人それぞれ考え方があって、恋愛初期に集中力がめっちゃ上がり一つの物の見方しかできなくなる傾向の人は、簡単に気持が不幸になってしまうので、ダメかもだけど。

ちなみに恋をすると、フェニルエチルアミンというホルモン効果で、仕事や勉強のパフォーマンスも上がるし食欲をおさえられる。肌に艶が出たりもするし心身共にメリットのあることだと思う。

生涯一人の相手だけで居られないって人は、最初から結婚しなければ良いのではと思うけれど、家族計画を考えるとそうも言ってられないし。

そもそも大人になると肉体関係ナシで、恋心だけを持つというのは難しいのか?

 

2016-10-13 16.23.18

2017-01-09-16.08.48_thumb.jpg

男と女における対立効果(※対立効果=造語)

むかしむかし。私の友人Aちゃんは、イケメンしか付き合わないと言い切っていた。

確かに歴代は、写真だけでなく実物も一般人にこんな人いるの!?っていうくらいイケメンだった。

そんなAちゃんの言ったことが印象的で、イケメンにこだわる理由が「へー」だった。

「イケメンであれば、フラれても嫌な思いをしても、後にこんな素敵な人と付き合えて良かったと思える。好みじゃないのに妥協して嫌な思いをさせられたら、めちゃ腹が立つから」と……。

この話は今となっては共感できて、イケメンと言うと「顔だけかよ」と語弊がありそうだが、「好みのタイプ」と言い方を変えるといいのかも?

好みのタイプを好きになって、アプローチして、Happyな時期があり、やがてフラれても、自分がその人に釣り合わなかったと思えるからだ。

そもそも交際期間中も寛容になっているし。

なんでもそうかもしれないが、自分で選択した場合はどんなことがあっても、それなりに納得やポジティブな解釈ができる。

 

近年の私は以前に増していい男好きになってきた。なぜかと考えるとおそらく現実味がないからだ。

いい男たちは既に結婚しているから思い通りにならないし、結婚していないいい男たちも同様で、私のなかではすっかり観賞用になっている。

だからセミナー講師がイケメンだとそれだけで気分が上がるし、見ているだけで幸せな気分になってくる。

2017-01-09 12.32.33

座る位置なども個人的には正面がけっこうドキドキするし、恥ずかしくなるし。見ていて惚れ惚れしてくるから確実に鑑賞をしている。

本来は横に座ってパーソナルスペースに入ったほうが親密になりやすく、正面に座ると対立しやすいと言うが、あえて対立する位置にいる効果は絶対にあると思う。

対立する位置に居て身構える→吊り橋効果

正面で何度も見ると好きになる→単純接触効果

なんて…心理学の大道をちょっと曲げた解釈をしてみた。

 

ちなみに不覚にも今日は正面に座っていた、くまのプーさん体型の人が

2017-01-09 16.07.28

「ダイエットしなくちゃいけないんです」と言った言葉に対して、

「そう?筋肉っぽくて、ぜんぜん太って見えないよ」と言ってしまったし、「くまさんっぽくって超癒やし系」とか言ってしまったし。

 

これは、まちがいなく対立効果だと思う(※対立効果という心理学用語はありません)

 

そうそう、イケメン好きなAちゃんはそのイケメン彼と結婚せずに、Aちゃんのいままでのタイプとは違う男性と結婚をした。

けっきょく女性の好みのタイプって、その時々に好きな人がすべてになってしまうのだろう。

2017-01-09 16.08.48

それは恋は盲目? あばたもえくぼ?

それとも結婚と恋愛は別ということだろうか?

2016-12-10 23.09.33

結果思考ではなくワクワク感の伴った上達思考の目標設定が継続の秘訣

昨日に引き続きチームフローのセミナーに参加して、今年の目標設定モチベーションが上がったので、今のうちにしっかり設定してしまおうかと!

昨日のブログにもちょっと書いたけど

セミナーのなかで印象に残った言葉は、ワクワクした感情を伴うと、使う能の領域が増えるため、能力が高くなる(通常人間は3%~5%程度しか使っていないと言われている)

他者を嫉妬や嫉みから、自分より落ちるように願ってはダメ。例えライバルであっても、自分より幸せになってくれるように思うとセルフイメージが上がる(このロジックの詳細は不明。潜在意識に良い影響でも与えるのかも)

こんな話を踏まえて、自分の今年の目標設定は……。

人生の目的もあるのだけど、まだビジョンレベルに落とし込めていないので。先ずは2017年目標からにした。

 

目標設定するのに大切なことは、結果思考と上達思考の分類のなかで、上達思考の設定にする必要がある。

結果思考にしてしまうと、例えば私は文筆家になりたいという目標があるので、「2017年は小説家になる」と設定してする。

しかしそのような目標にすると、自分より先に小説家になった人や出版した人に対して嫉みの感情が湧いてしまうかも。

また、望む結果が得られないことにより、自尊心の低下や意欲低下を招く恐れがあり継続していくことが困難となる。

だから結果思考ではなく上達思考にする。

  • 上達思考の目標はどんなのかというと
    やっていること自体が楽しい
    訓練によって能力が上がることが楽しい(人は知識欲を本能的に持っている)
    仕事や私生活に活かせ、未来にも役立つ

このように、できるかできないかという結果ではなく、上達思考の設定にし、その目標はワクワクした感情を伴いフロー状態にもっていけるのがベスト。

 

 

【2017年私の目標】

小説の長編3本を書き上げる。

 

【達成基準】

1本あたりの字数9万字以上

文芸賞に応募できるレベルに仕上げる(校正をしてもらったときに赤字を5%以下に)

  • 【目標から得られるワクワクの感情】
    長編を三作応募できたことの達成感を味わう
    長編三作書けた技術や発想力に自信がつく
    自分で言ったことを成し遂げられたと自信がつく
    周りの人たちからも言ったことをやる人だと信頼される
    夢や目標を持った楽しく幸せな友人たちが増える

 

  • 【そのためには何が必要か】
    毎日書き続ける
    目標字数毎月2万字以上(書きかけが二本あるため)
    モチベーション維持するためのライバルを作る
    応募する文芸賞を決める
    指南してくれる編集者に出会う
    自分の思いを語れるようにしておく
    ブログの整備
    ブログを書く時間を最低1時間は確保する
    ブログを読んでくれる人を月間2万人に自然に増やす(現在7,000PV前後)
    他者のHappyを願い喜べる自分にする(結果思考を止める)
    午前中にブログをやる
    午前中に未来に繋がる作業や仕事をする
    夜21時までに仕事を終わらせる
    平日は仕事に関係のないSNSは16時以降
    作ったドレスを毎月着る
    ドレスが着られる体型維持
    筋トレとストレッチは毎日
    運動をやらないことを2日以上空けない(スイム、ランニング、トレラン、バイクのいずれかをやる)
    小説の発想力を切らさないように感情が豊かになる行動をする
    人生のビジョンを考え続ける(今年は明確にする)
    毎日これを読む

ということで、毎日精力的に頑張ります。

かっちゃんありがとうございます!なんとか設定できました。

コーチングを受けて見たい人はオススメです。
坂本 勝俊さん
https://www.facebook.com/katsutoshi.sakamoto

 

2016-12-10 23.09.33

2017-01-07 17.46.22

セルフモチベーションのためには、目標から得たい価値観を先にみつけるのが大事なんだって。

人間って本当に不思議だなぁと思うのが、同じ意味のことを何度も聞いたり読んだりして、知っているはずなのに、まるではじめて聞いた言葉のようにスッと入ってくることがある。

たぶんそういうときは、自分に一番必要な言葉や考え方なのだと思う。

 

今年に入ってからなんだかエンジンがかからなくて、モヤッとしていた。やる気がぜんぜん出なくて、仕事に対しても意欲的にならなかった。

でも考えてみたら、これは年明けからボケているのではなく、昨年後半からちょっと仕事が忙しくて、目の前にある仕事をただこなしていたからだと思う。

時間に追われている内は、能動的な意識が弱くなっているので、達成感などはともなっていない。

そうなると疲れるだけの毎日になってくるから、自分の理想としている未来像に近づくための努力をするモチベーションも下がってくる。

それでも昔よりだいぶセルフモチベーションできるようになったけど。時々飽きたり疲れたりしてしまう。

そんなわけで1月2月は、積極的にモチベーション高める勉強やセミナーに行っておこうかと思って、1発目の今日は、

2017-01-07 17.46.22

アドラーの心理学講座で有名なチームフロー主催のセミナーに行ってみた。

参加人数なんと800名だって、すごいね。

(株)チームフローは私のビジネスコーチングをしてくれていた、コーチも勉強をしたところだ。

 

そんなわけで、今日の成果。

昨年止まってしまった小説書きを復活させます。

【今年の目標】
長編小説を三作文芸賞に応募する。

  • 【目標から得られる価値観】
    長編を三作応募できたことの達成感を味わう
    長編三作書けた技術や発想力に自信がつく
    自分で言ったことを成し遂げられたと自信がつく
    周りの人たちからも言ったことをやる人だと賞賛される

※目標から得たい価値観を先にみつけるのが大事なんだって。

  • 【そのためには何から始めるか】
    今日は中断していた小説を読み返す。
    明日からまた毎日書き始める。
  • 【続けるためにどうするか】
  • モチベーション維持するためのライバルを作る
  • 指南してくれる編集者に出会う(自分の思いを語れるようにしておく)
  • 仕事に追われないように、量を制限する
  • 仕事の単価を上げられるようにする

 

自分の人生のビジョンは何が一番しっくりくるだろうかと、ずっと考えているのだけど、最近はようやくぼんやり浮かんできている。

言葉も決まりそうだったが、目標から得たい価値観を先にみつけ、それにワクワクするような感情がともなっているかというと、まだ違うような気もするし。

まぁ人生のビジョンなのだから、もう1年ぐらい考え続けても良いし、変化しても構わないし。自分がしっくりするようなことを考え続けて行きたいと思う。

ピタッときたら、それがセルフモチベーションになるのだろうなぁ。そうなったらモチベーション維持費用がかからなくなるんだけど……あぁ早く決めたい……。