飲み会好きは話題が豊富で上手い

昨日はどうやらブログがアップできていなかったみたい……しかも気がついたのはさっきなので、24時間遅れてしまった。

昨夜は飲みに出掛けたのだけど、けっきょく四軒のはしご。

1箇所目は広尾で食事のフレンチ。二軒目は同じく広尾ワインバー、三軒目が六本木キャバクラ、四軒目が六本木のバーという、まるで男性の飲み屋のはしご。

それもそのはず、私を除くと全員が男性だったので。

ちなみにキャバクラは女性が行く場合は席料は無料(飲み代はかかるけど)

支払いはキャバクラだけで20万ぐらいだったらしいので、本当に正直もったいない。

でも働いている女性に来て欲しいと、連絡が来ると行ってしまうのだろうな。

お酒は飲んでいるときは楽しいし、一緒にいた人達とはより仲良くなるけれど、翌日のパフォーマンスがめっちゃ下がるからとっても微妙。

でもなんの人数でもそうだけど、6人くらいまでが楽しい。それ以上になってしまうと、二人で話したりしてお仕舞いになってしまうし。

男女半々の飲み会でも、6人までが絶対に良い。6人までなら多少回りが騒がしくても、皆の話を聞ける距離だ。これが八人になってしまうと、だいたい半分にグループが分かれてしまう。

 

昨日は飲み会好きのおもしろい人たちばかりだった。

飲み会好きな人の良いところは、話題が豊富ということ。考えてみたら、よく飲みに行っている人は、よく話をしているし、色んな人たちと会っている。

人数も二人だったら、どちらかが必ず話をしているわけで、尋常じゃない長い時間を話し続けているのだから、そりゃ話題が豊富になるし上手になる。

だからよく飲みに行っている人は、エンターテイナーの人がとても多い(個人差はあるとおもうけど)

 

2017-04-14 05.28.40

2017横浜トライアスロンの参加賞はスタージュエリーのネックレスだった。

今日2017年横浜トライアスロンの大会事務局から、送られてきたものがあった。

なにかと思ったら参加賞のスタージュエリーのシルバーのネックレスだった。

しかもトライアスロンのロゴマークなので、オーダージュエリー。きちんと箱にまで入っているし。

ちょっとビックリした。わざわざ送ってくれるなんて、とっても親切。

大会当日は、参加賞があるのを知っていたのだけど、なにせスイムでDNFだったので、すっかり忘れてしまっていた。

でも、参加賞なので、正直大した物じゃないと思っていた。でもちょっとこれは嬉しかった。

2017-05-27 20.17.39

改めて思うけど、ラッピングってめっちゃ大事だと思う。

同じものでも、例えば箱にも入って無ければ、数百円のものに見えてしまうけど、箱に入って、リボンまでかけてあったので、高く見える。

仕事で箱なども手配することも多いのだけど、紙に艶の出る加工を加えたりすると高級感が増すし、ピッタリのサイズにすると中身が大きく見えたりもする。

ちょっとの工夫で、印象がだいぶ変わるので、過剰包装は無駄とはどうしても思えない。こういうのって女性視点なのだろうか?

男性ってラッピングなどは、あまり重要視していないのかな?と聞いてみたくなった。

男性にもプレゼントの上手な人と、なんでそうなっちゃうのかな?なんてセンスを疑いたくなるときもある。

ちなみにお土産などでも、民芸品とかお守りとかは本当に止めてほしい。

ふと思い出したけど、私が大阪に住んでいるときに、大阪の男性から、北海道土産と言ってキタキツネのハンガーをもらった。

ググったら同じものが、ちょうどあったので、掲載しておくことに。

懐かしい。でも一度も使うことなく、ゴミ箱行きになってしまったかと・・・すみません。

でも本当になにに使えというのか?まさかこれを飾ってくれって話だったのか?

いまでもナゾだ。ちなみにこれをくれた方はちょっと付き合いそうになった男性だったのだけど、一瞬でその方に興味がなくなってしまった。

download

松下政経塾からも見学に来る、福沢諭吉文明塾

文明塾も中盤になって、内容もより充実してきていて、文明塾って本当に凄いなとただ感心してしまう。

今日は松下政経塾のひと(運営側?)も見学に来ていた。

内容はとにかく盛りだくさんで、おもしろい。特にセッション(登壇者とおよそ50名の参加者との対話)に呼ばれてくる人たちも凄い。

今日はストラテジーリーダーシップといって「これからの時代に必要なリーダシップ」を学ぶことがメインテーマだ。

実際のリーダーを招いて、そこから自分なりにリーダーに必要な要素やなにかを掴み取るというセッションになる。

流れとしては、最初の三〇分で、招かれたリーダー(登壇者)の話を聞き、その後1時間半は質問して、その話をしてもらうのだけど、質問にも条件がある。

くだらないツマラナイ質問はしちゃダメ、質問をされた方も、考えが深まるような質問をしなければならない。もちろん事前に登壇者のことを調べていることが条件。

でも文明塾の参加者も本当に優秀な人が多くて、質問もビックリするほど素晴らしい。しかも質問が途切れないし、質問タイムの1時間半で足りなかったほど。

今日のセッションは、

「suzuyo」の画像検索結果

鈴与株式会社の鈴木社長だった。40才という若さで、7事業4,000億という、誰もが知っているような会社の9代目だった。

おもしろい話はたくさんあったのだけど、中でも良い質問だと思ったのがある。

まったく異なる分野の事業を行うと、効率が悪くなるのではないか(正確な言い回しは忘れた)という質問。

鈴与は運輸業以外に、医薬品や食品も行っているのだけど、もちろん短期的に考えると、選択と集中をしていった方が収益も上がりやすい。

でも自社事業に関しては中長期的な視野で取り組んでいるので、赤字続きのものも続けている。これが非上場(オーナー企業)のメリットということだった。

赤字でも続けられる体力があると言うのも、感心できるし、長くなればなるほど、撤退するには後ろ髪引かれてしまいそうだ。

赤字でもすぐには止めないとするなら、実際に事業を中止する判断基準って、どんなことになるのか?と後々気になった。

もう一点共感したのが「人への投資は無限大の可能性がある」ということ。

鈴木社長は社員が成長していくことに、お金をかけていきたいそうだ。

具体的には、小さな成功体験ができるようなことや、どうやったら成功できるのかということを一緒に考えていきたいと。

社員が仕事にやりがいを感じる機会が多い会社、会社はそういった場を作るのが重要という考えはめちゃくちゃ共感できた。

2017-05-25 18.24.42

25分仕事→5分休憩→25分仕事

最近仕事に新しく取り入れたことがある。25分仕事→5分休憩→25分仕事を繰り返すこと。

これがかなり私に合っているかも!といま私のお気に入り。

とうのも、友人のブログを読んで、早速試してみたら、休憩の罪悪感がなくなった。

Apple Watch×ポモドーロ(フォーカス・タイマー)。25分仕事→5分休憩を常に意識

ちなみに私は、このブログのようにタイマーでキッチリ、25分に区切っているわけではない。

私の場合は、なんとなく時間を見ながら、25分集中して、間に五分程度でできるストレッチや掃除、観葉植物に水をあげる、歯を磨く、なんてことを間に入れて、また仕事に戻る。

この休憩のなかにお客さんからの電話なども、休憩や気分転換と考えているので、25分に満たないときもある。

一番やって良かったと思うのは、この方が効率が良くなると思うようになってから、休憩する罪悪感が無くなったことだ。

これを知る前は、集中出来なかったり集中力が切れたりすると、ダメ人間的に思っていた。

もちろん人の集中力は平均20分~長くて45分だというのも知っている。それでもフロー状態に入れれば、もっと長く集中できるのではないか?できない私がイマイチなのではないか?なんて思っていた。

フロー状態が、毎日訪れるなんて人のほうが少ないのに。

で、実際集中力は高まるかというと、確実に高まる。休憩時間のトータルも少なくなる。充実感も高まるような気がする。

特に効果があるのは、仕事のやる気が起きないときだ。とりあえず25分ならやれる。

1回目の25分ができれば、2回目も、3回目もできるから不思議。

そんなわけで、今日も無事タスク完了。そのうえ夕方にランニングにも8キロ行けたし、お風呂にもゆっくり入れた。

そのあとにまた仕事をしたから、ブログはいつもの時刻になってしまったが、これから映画も見られる。

2017-05-24 19.06.01

単なる日記化ブログ

気がつけば、また夜中の2時になってしまっていた・・・

ちょっと自分の新ブログサイトを更新していたら、こんな時間になってしまっていた。

昨年の9月から自分の新しいブログページ兼ちょっと会社案内のサイトを作っているのだけれど、未だできあがらない。

新しいサイトに切り替えられない理由として、私がまだ文章を書いていないからだ。

日ごろのブログや仕事の文章は、サクッと書いてしまうのに……

でも、オープン以来一度も手入れをしていない自社サイトとブログサイト2つも無駄なお金を支払い続けている。

こういった細かいことを整理すれば、余分な費用が掛からないで済むのだからやらなくては・・・。

今日友人マスタロと話をしていて、さっさと私も変更してしまおうと決心。

マスタロも会社のホームページをリニューアルと同時にSSL化をしたのだけど、アクセスが旧サイトの量に戻らないと言っていた。

原因は、おそらく外部リンクが減ったからだと思う。そう考えると私も一日も早く切り替えないとなぁと思った。

なんだかやりたいことがたくさんあり過ぎて、時間がぜんぜん足りない。

もうちょっと効率良く動けば良いのだろうか?

いまやりたいことは、一週間単位で、一つのことをやりたい。例えば、読書と運動だけをひたすら一週間とか。体は動かさないと筋力落ちるので必ずセット。

ひたすら料理と運動だけ1週間。掃除と運動だけ1週間とか。やる内容を絞ったら相当集中して出来そうだし、1週間の掃除は本当にやりたいわー。相当キレイになりそうだわ。

先ずは新ブログサイトを公開させて、Facebookにもシェアして、きちんと内容のあることを書かねば!

やっぱりFacebook共有をしていないと、内容がドンドン独りよがりになっていく・・・気楽で良いのだけど・・・

足並みを揃える

なんとなく分かってきたこと。

最近、グループ活動がけっこうある中で気がついたことがある。

急いで私がやらなければ、きちんと皆やるんだとということ。

小心者の私は、なんでも前倒しでやってしまう。例えば明日トレランに行く予定があれば、当日の朝やるのは、飲み物の中身を容器に入れるぐらい。

トレランの朝はいつもよりも早起きになってしまうし、いつも食べない朝食も食べなくちゃいけないから、朝食も八割用意して寝る。

 

この事前の段取りはすべてのことに対しても同じなので、例えばグループでなにかをやる場合も同じになる。

で、この事前の段取りが、たぶん私は他の人にくらべてかなり早いのかもしれないと思った。

一人でやらされている感を感じることが多かったので、最近意図的に、自分のペースを遅くしてみた。

するとなんと皆やってくれるというのが分かった。

なんでこんな簡単なことが今まで気づけなかったのかと我ながらビックリだったけど、良い勉強になった。

もしかしたら、私は皆がやる機会を奪っていたかもしれない。

私が高齢者と暮らしたら、元気だったのに楽させすぎて、寝たきり老人にしてしまうくらい、なんでもかんでも早すぎたかも?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大山トレラン練習会

今日は、久しぶりのトレラン大山定例練習会に参加してきた。

なんと三ヶ月ぶりのトレランだったので、すっかりハイキングだった。

というか、たぶんモートン病で足がいたくなってから、ハイキングうばかり(大会も)なので、たぶん半年くらい山の中は走ってないかも?

2017-05-21 09.58.52

相変わらず足の指が痛むせいか、他の筋も痛くなるけれど、やらなければもっと出来なくなるので、治療のつもりでやっている。

さて今日のメンバーはM沢さんとS村さん、Yちゃん、私の四名。最近はすっかりトレランの女子比率が高くなっている。

2017-05-21 09.59.27

実際のトレラン部のメンバー的には、男子のほうが多いはずなのに、練習はサボり気味か!?ちゃんと練習にも参加出来る男子を増やさねば!

もういつものコースで、かなり飽きてきたのだけど、今日いつもと違うのは荷物をそのまま背負っていったこと。

鶴巻温泉駅のロッカーが新しくなったせいで、数が半分くらいの五つしか無くなってしまって、いつもの時間の9時に到着したときには空きがなかった。

でもまぁトレーニングだと思えば、重たくてちょうど良かったかも。

18556336_1751965644830185_3155071493637680784_n

Yちゃんが撮ってくれた私。

あとめっちゃ日差しが強いので、キャディーさんがかぶるような帽子にしてみた。

5月は1年のなかでも一番紫外線が強いときなので、この時期はしっかりガードしないと、夏の終わりに涙することになる。

そして、今日も出会ったこの優しそうな紳士。

2017-05-21 10.25.47

黒い四角は私なのだけど、帽子で髪の毛が最悪なのでちょっと隠してみた。

このニコニコしてかわいいお方は、お目に掛かるのは3回目。もう大山に163回も登っているという強者。

1回目と2回目は下山時にも会えたので、ペラペラ話しながら下ってすっかり仲良しになってしまった。

三回目に会えたので、今日はハグして、写真も撮ってみた。

めっちゃかわいい、そして人が良さそう。残念なのがFacebookなどのSNSは一切やってないとのことで、また大山で会うしかない。

あともう一ついつもと違ったのは、鶴巻温泉日帰りで、M沢さんの銀行マン時代の同僚に会った。

じつはこの方、私もお目に掛かるのは二度目。

1495346989102

以前は山の中で、バッタリあって、二人の写真を撮ったので記憶がある。

ちゃんと話すのは今日が初だったけれど、聞けばなんとほぼ毎週トレランをしに来ているのと、泳ぐのがやたら早いことが判明。

ウエットを来て泳いだ経験はないそうなので、1万円のウイグルウエットをオススメして、来月のがち海連に誘ってみた。

50メートルは40秒ぐらいで泳げてしまうらしい。M沢さんとほぼ同じだし、トレランも、もはやM沢さんと同等で走れる人がいないので、この方の入部はM沢さんにとっても良かった!

文明塾で茶道江戸千家のお家元に行ってきた

今日は文明塾のセッションで、根津にある茶道江戸千家のお家元に皆で伺った。

もう文明塾は様々な分野で、活躍されている方々とのセッションがあり、その幅が広すぎて驚くばかり、本当に素晴らしい。

2017-05-20 16.14.29

色んなお話を伺うことが出来たなかで、ちょっと驚いたのが、家元のご家族みんなが、ここに住んでいるとのことだった。

敷地内の端っこに住んでますよと言っていたけど、まさに自分の家に招いてくれているのだから、ビックリ。

この日も盛りだくさんの一日で、最初に家元とのお話を聞き、庭を楽しみ、茶室を2箇所拝見。そして体操までやって、その後に、ワインもおつまみも出て、最後にお菓子とお茶をいただく。

ただ茶道体験をしたというよりも、本当に家に遊びに行った的な感じでとてもたのしかった。

思えば私も小学校に上がる前から小4までお茶を習っていた。子どもすぎてなにを学んだのか、まったく記憶にないので、少しも役立たないと思っていいた。

でも作法を見ているうちに、わずかに記憶がよみがえってきて自分でもちょっと驚いた。

あと庭の苔が本当に美しかった。コケって手入れをしっかりしないと、育たないので、将来は盆栽とコケをめっちゃやりたい。

私も家の真ん中が外と繋がる庭になっていて、そのなかでコケ庭とかえでの世話なんて出来たら幸せかも。

この年になってみるとやっぱり、日本って素晴らしいところがたくさんあると改めて感じる。

ちょっと中途半端だけど、明日はトレランなので、ここまで。

トレラン部についてちょっと考えてみた

昨日まで横浜トラアスロン出場記録を書いていたけれど、終わってみて良かったことは、けっきょく自分の身体的機能を高めるために、継続と次の目標が出来ることのような気がする。

もしかしたら自分が望んでいる結果や優れた結果であれば、達成感を味わえたり自己肯定感が高まったりもっと違う感情がわきでるのかもしれないが。

 

私たちは普段競争社会と言われるなかにいながら、トライアスロン競技ほどの「競争」を意識することなく生活をしている。

でも競争って、人間の本能の中に組み込まれていると思うので、時々刺激するのは、心身共に良いことなんじゃないかと思う。

トライアスロンなどで感じるストレスは長生きに繋がると言うし。

ちなみにそろそろどこか、トライアスロンチームに入りたくなってきた。

トレラン部で現在トライアスロンをやるのは、私を含めたったの四名、一名はトライアスロンより、一人でハードな山登りや岩登りの死にそうなものが好きだし、もう一人もまだ子どもが小さいので、近場しか行かない。もう一人はすでに、トライアスロンチームに所属している。

なので、大会出場モチベーションが上がるチームが良いかな。

トレラン部でトライアスロン部を作るか?と考えると、ちょっと微妙で、トレラン部はこのままゆるい感じで良いんじゃ無いかと思っている。

いまはトレランの他に、マラソン、駅伝、山登り、ハイキング、海水浴、バイクなどもう色んなことをやっている。

今のところ、チーム名もユニフォームも無いままだ。

なんどかTシャツを作ろうよと案も出たけれど、そのままにしている。

トレラン部に名前を決めたり、ユニフォームを作らないメリットと言うのも実はあって、だから個人的には、このまま「トレラン部」というままで良いのでは無いか?と思っている。

駅伝のときなどは、Tシャツくらいほしいと思うけれど、Tシャツを作るには名前も作らないといけないし。

トレラン部の元々の発足メンバーは、ビジネススクール仲間だった。

ビジネススクールのOB会幹事のほとんどは、トレラン部ということもあって、数珠つなぎ的に部員は増えていくという状態になっている(最近女性も増えてきた)

でも、あまり人数が多くなると、かえって盛り上がりに欠ける場合もあるし、1年参加しない場合は、首切り制度を設けている。

そしてユニフォームやチーム名をきっちり決めていないので、普段は他のスポーツチームに所属しているけれど、純粋にトレランがやりたいという人たちが、加わりやすくなっている。

ユニフォームやチーム名を作ってしまうと、所属意識は高まるかもしれないが、いまのトレラン部のように流動性があって、ゆるいグループの良さもたくさんある。

そんなことで、このままが今のところベストじゃないかと個人的には考え中。

さて、今年はどこかのトライアスロンチームに所属して、来年から一緒に参加していけるといいな。

DSC_0829

横浜トライアスロン2017DNFだったけど感想4

横浜トライアスロン2017の大会に出場して、スイムでタイムアウトになってしまい、競技中止となってしまった。

今年のトライアスロンは、これしかエントリーをしていないから、あとはどうしようかと悩み中。

友人が金沢八景の短いトライアスロンに出ようと、誘ってくれているけれど、誕生日の翌日なので、お酒も飲めなくなるし悩み中。

 

トライアスロンが終わって帰って来た日は、落ち込み過ぎてなにもする気になれず、Huluで映画を見てみた。

download

めっちゃ号泣。ちなみに普段映画をみて泣くこともほとんどなく・・・

たぶん泣いたのは別な理由のせいかと・・・

と言うわけで、私は数年に一度しか流さない涙を、直近は横浜トライアスロンの日と一昨年の笹川流れトライアスロンで泣いたw

で、火曜日からはようやくこのままでは終われないと、エンジンかかりまして、6キロランに行き、昨日はずいぶんと長い距離を東京体育館で泳いだ。

私がカナズチだった三年前から、ずっとコーチをしてくれている、白須コーチと話して色々分かったのだけど、やはり戦略ミスはあったようだ。

三角波が立ってしまっているときは(当日の海が三角に波立っていた)大勢で泳いでも、流れるプールのような、勢いが出来にくく、スピードが出ない。

なので、心理的に悪影響のない、端っこや後方スタートしてもそんなにタイムに影響は出ない(流れに乗ろうと、ど真ん中でトライして恐怖心が出てしまってアウト)

でも、白須コーチが教えている、トライアスリートチームで普段50メートルを1分切って泳げる人たちですら、完泳に40分掛かっていた(制限時間は45分)だから本当にコンディションの悪い日だったこと。

私が泳ぎながら考えていたことが、当初よりだいぶ成長しているし、余裕がある思考だったこと(途中端っこに避けよう、一団が去ってからにしよう)

スタートダッシュしても、過呼吸などのパニック状態に陥っていないこと。

そんなわけで、また次回頑張ろうという気持になっていて、三種目ぜんぶトレーニングを増やそうと気合入り中。

海連は今年もたくさん頑張りたい。

2017-05-14 08.43.21

【今日のトレーニング】

腹筋ベンチゆっくり50回

ストレッチ10分